背中ニキビ治療について 宮城県でニキビ治療ができる委員の探し方について

治したいニキビ顔にできるものと違って、背中ニキビは自分では見えない位置なので、
痛くなった時に気づくということが多いです。

ニキビ

大きい背中ニキビは、寝る時に痛みを感じて、とても不快です。
背中は、皮脂腺が多く、汗をかきやすいので、ニキビができやすい場所です。

夏は暑さで汗をかき、冬はコートの中で蒸れていることがあるので、
季節を問わずお肌を清潔にすることが大切です。

また、睡眠時の環境にも影響される場合があります。夏は寝ている間でも
汗を掻きやすいですので、起床時に拭き取ることがニキビを防ぐカギになります。

冬でも同様、乾燥しやすい時期に暖房などで汗をかいたりすると
肌を傷めてニキビを引き起こす原因にもなります。

毎日入浴し、身体をきれいにしますが、力を入れてこすると
刺激になるので、やさしく洗うことがポイントです。

入浴時に綺麗にする

大きいニキビは化膿していることがほとんどなので、特につぶさないように、丁寧に洗いましょう。
肌にやさしいボディブラシやタオルを使うか、できれば泡立ててから自分の手で
撫でるように洗うのも良い方法でしょう。

また、シャンプーのすすぎ残しが背中についていると、ニキビの原因になるので気をつけましょう。

 

ストレスやホルモンバランスの乱れに注意!寝汗の原因

寝汗の原因は、気温や湿度の上昇や寝具による保温などの物理的なものだけではありません。

ストレスやホルモンバランスの乱れなども原因となります。
睡眠の質が低下したり疲労が蓄積されたりストレスが溜まったりすると自律神経の乱れが生じ、それが寝汗につながります。

生理前になると寝汗がひどくなるという女性も多いのではないでしょうか。
それは、卵胞ホルモンのエストロゲンの減少して女性ホルモンのバランスが乱れていることが原因となっている可能性が高いです。生理前のPMSの症状の一つであると考えられます。

生理が始まる2週間前くらいに排卵がありますが、排卵後は黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が盛んになります。
プロゲステロンが優位になりエストロゲンが劣位になることがホルモンバランスの乱れにつながり、それが寝汗の原因になるというメカニズムです。自律神経のバランスやホルモンのバランスを正常化させることが、寝汗対策として有効です。

対策として積極的に行うべきこととしては、栄養バランスのとれた食事や質の良い眠りや適度な運動を習慣づけて規則正しく健康的な生活を送る、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンのバランスを良くする、リラックスしたりリフレッシュしたり出来るものを日常生活の中に取り入れて精神を穏やかに保つなどがあります。