社会人からの転身・メリットは?

社会人に一旦なって、他の業界で培ったノウハウというのは、「看護師」というフィールドでも大いに生きることは確かのようです。

医療の現場においては、看護師は、医師の補助的な役目を務めなければならない場合も、もちろんあります。しかしながら、医師の求めに応じず、「自分はそんな仕事をするためにここにいるのではない」というような個人的な権利を主張してしまい、医師と張り合ってしまったりすることもあるようです。

本当は、患者さんの容態を一刻でも早く改善することが先決であるべきところ、そういった個人的なレベルの問題で、コミュニケーションを断絶させてしまうケースがあるといいます。

そういう場合、学生からすぐに看護師になって、医療の世界しか知らない人よりも、一旦、社会人になって様々な人間模様を垣間見てきた転身組の看護師のほうが、発生する課題やトラブルに、柔軟かつ臨機応変に対処ができる、というメリットがあります。

前述のようなコミュニケーションの不具合にも、他の職業での経験が役に立つでしょう。看護師仲間や医師がもしも、そういう人間関係のややこしい絡みに悩んだときでも、前職の経験を活かして、適切なアドバイスもできるかもしれません。

ただ、社会人からの転身ですと自然、年齢が上になることが多くあり、年齢が下の看護師からの注意が受けにくいということもあるようです。そのため、不安点が少しでもあるなら常にアドバイスを仰ぐ姿勢でいることは、大切なことといえます。

≪看護師関連の基礎知識≫