看護師になるのに適性は関係あるのか?

看護師をこれから目指そうという方もいらっしゃることでしょう。看護師になりたい、と思ってはいても、「適性」というのが関係あるのかどうか、気になるところですね。 看護師というのは、はっきり言って大変な仕事です。人間の生死にも関係してくることです。

まずは、看護師という職業の、他人に与える影響の大きさというものが考えられるのかどうか、それがまず第一に大事なことですね。

そして、あと大事なことは、「人間というものへの興味」「人の役に立ちたい」という気持ちがあるのかどうか?です。

どれだけ頭がよく、看護学に精通していようとも、この二点において覚悟のない人は、看護師になれたとしても、日々の大変な仕事に喜びややりがいを感じられることができないのでは?と思われるほど、大事なポイントとなります。

しかも、「看護学」というのは、医療の日進月歩とともに、常に進化し続ける学問です。ということは、常に謙虚に学び続けなければならない職業なのです。学校を卒業して「はい終わり」では決してない、ということをくれぐれも忘れてはならないでしょう。

また、現代の医療界において、看護師の役目というのが転換の時期に差し掛かっています。「治療を施す医師」の単なるサポート役にはとどまらない、「療養生活を送る患者さんの支援」を行う「独立した」職、という見方が次第に広まりつつあります。

ということは、「医師の後ろにいるサポート役」という姿ではなく、「治療=医師」「患者さんの変化の早期発見、予測、支援=看護師」という二本の大きな柱で動いていくことが求められてきています。ということからも、看護師という職業は、治療こそ行えませんが、医師と同等の重責を覚悟してあたるべき職業である、といえるでしょう。

≪看護師関連の基礎知識≫