看護師の「実際」「収入」

これから看護師を目指す人にとって、収入面ではいったいどれくらいなのか気になりますね。

ここでは、看護師の初任給について書いていきましょう。 3年課程の新卒者の初任給はどのくらいなのか、具体的に数字で見てみます。

税込での総額が251,000円というのがある民間の病院での実績です。この数字だけ見ますと、普通のOLの初任給と比べ、高いものであるといわざるを得ません。

だからといって、普通のOLの仕事内容と比較すれば、その責任の重大さは言わなくてもお分かりのことと思います。だからこそ、高給が約束されている、とも言えるのでしょう。

OLであれば、少々のミスは、特に新人であれば許されることもあるでしょう。しかし、看護師は、「少々のミス」が人の命にも関わってくるほど、新人といえども、重責をになっていることをくれぐれも忘れてはなりません。

しかしながら、「人の命を支えている」というやりがいは、どの職業にも負けないくらいのものがあるでしょう。

実際、夜勤があったり、準夜勤があったりして、時間的にも肉体的にも厳しいことがあるかと思います。それでも、看護師を目指す人が今もいるのは、その仕事の尊さにあるのではないでしょうか。

とはいえ、看護師の給料はもう少し改善が必要だとの声も上がってきています。まだまだ改善の余地が多く残されている、つまりこれから、看護師の待遇も明るくなっていくことを期待されています。

さて、週休2日、というと一般的な企業ならでは・・という感じがしますが、看護師の現場でも週休2日制度は浸透してきているようです。実際、完全な週休2日で勤務にあたっている看護師は、全体の約7割程度というデータもあります。

≪看護師関連の基礎知識≫