訪問看護師の役割

在宅療養が主流となってきた背景に合わせ、支援の必要な高齢者が増えてきました。そこで、高齢者数がさらに増えるに従って、在宅での専門職からのアドバイスを必要とする家庭も増えていくことになります。

具体的にどういう仕事をするのかというと、次のようなものが挙げられます。

たとえば、血圧や体温、脈拍の測定、体を清潔にする清拭、患者さんの状態の観察、床ずれの予防対策のご家族への指導、および床ずれの手入れ、入浴・排泄の介助およびご家族への指導、医療器具の管理、リハビリテーション実施および指導、患者さんやご家族の日常生活での困難に対するアドバイス、入浴サービス・ショートステイなど各種サービスの申込み受付や連絡・・といったことになります。

こういった訪問看護師に求められる資質とはいったいなんでしょうか。高齢者といっても、元気な人もあればそうでない人もいます。

在宅療養されている患者さん、およびそのご家族は、毎日のお世話で肉体的・精神的にも疲れと不安が常に蓄積している状態にあります。そこで訪問したら、患者さんご本人はもとより、ご家族の心の状態に気配りをすることがまずは大切です。

ご家族の疲労を言葉で癒してあげることで、これからも続く在宅療養の看護に新しい意欲も沸かせてあげることもできるかもしれません。そういった役割もになっているのが訪問看護師の仕事と言えます。

さて、訪問するときには、一人で出向くことが大半です。看護内容としては事前に医師の指示があるとはいえ、訪問先には医師は同行しない場合が多いです。

そのため、その場その場での的確な判断と指導力が求められるといえます。そのような実力に加えて、患者さん、ご家族、医師との円滑な人間関係と実務での連携を育めるトータルな人間性と実力が必要です。

難しい仕事かもしれませんが、自らのキャリアをいかし、またさらなる経験と実務を積めますから、それだけやりがいがある職場だと言えます。

≪看護師関連の基礎知識≫