看護師の活躍の場「訪問看護」

看護師というと、病院などの医療機関で、医師の指示のもとにサポートをする仕事、それから、入院患者さんの生活を整え、健康の回復に向かって支援していく仕事というのが、私達の思いつく看護師の姿ではないでしょうか。

そんななか、訪問看護という分野もあります。これは患者さんが医療機関を尋ねてくるのではなく、看護師のほうから患者さんのもとへ出かけていき、看護の仕事を施すものとなります。

この訪問看護を受ける患者さんには、どういった方々がいらっしゃるのでしょうか。たとえば、通院が難しい高齢者、障がい者の方などの場合は、訪問看護を受けられるケースが多くなっています。

訪問看護では具体的にどういう仕事をするのか、そのあたりを簡単にご説明させていただきましょう。

訪問看護では、ご家族の方がご自宅にいらっしゃる場合がほとんどです。通院もままならない患者さんですから、当然といえば当然かもしれませんね。そこで、ご家族が日常的にお世話をする際、何か困っていることはないかどうか、あればその改善に寄与するのも訪問看護の仕事の一つです。

実際に、日常的に必要とされる身の回りの世話を、ご家族と一緒にしてみることもあります。その際、ご家族がこれはやりにくい、いつも困っている作業があれば、お世話の仕方の改善を提案したりもします。

また、外出が難しい患者さんの場合、機能訓練をしなければならないというケースも多いことでしょう。その機能訓練についても支援をして、何か改善点があり、その場で指導やアドバイスをします。

訪問看護の良い点は、実際に看護師が患者さんのご自宅での身の回りの世話や訓練に参加することで、問題点がないかどうかを逐一チェックできる、という点でしょう。

≪看護師関連の基礎知識≫