看護師の活躍の場「各種施設」

看護師の活動の場は、医療機関だけにとどまりません。さまざまな施設でもその需要は求められています。たとえば、社会福祉施設や介護保健施設などです。

現代は、高齢社会と言われて久しいですが、お年寄りの生活も病院だけにとどまらず、各種施設などにその場が広がってきているのに合わせ、看護師の活躍も期待されているのですね。

老人福祉施設や介護保険施設においては、お年寄りをひとりひとり、しっかり見守る介護や看護が必要とされています。身体的、・精神的な健康を日々チェックし、変化がないかどうかを把握しておくことは、早期に対応、治療を進める上で、大変重要なポイントになってきます。

また、病院などの医療機関ではなかなか聞けない、健康上の相談を受けたり、生活の上で気をつけることへの助言を行なったりする役割もあります。

さて、このような施設に勤務する看護師は、活動するフィールドによって分野別に分けられます。医療・保健の分野、福祉の分野などですね。これは、看護師本人の持っている資格、そして立場によります。

さて、各種施設というと、保育所や乳児院、障がい者施設もそのなかに含まれます。乳幼児の保育や養育にも携わっていくのも、看護師の仕事のなかの一つに数えることができます。

もちろん、保育所には保育士や職員も働いていますので、そのスタッフ達と連携をとりながら、活動しています。乳児院では、看護師は保育士とともに、赤ちゃんの生活全般について関わっていきます。

そのほか、障がい者の施設では、肢体不自由者の子供や成人の方、知的障がいを持つ方の入所している施設での活動もあります。また需要としても次第に増えてきつつあります。

≪看護師関連の基礎知識≫