看護師の活躍の場「病院など」

看護師の仕事というと、病院でよくお世話になるあの看護師さん・・というのが、多くの方のイメージではないでしょうか。しかし、看護師という仕事は様々なシーンで活躍できる仕事である、ということを、ここではご紹介していきましょう。

まずは、病院、診療所、医院、クリニックでのお仕事が挙げられます。私達がもっともよくお世話になる分野ですね。

ここで、病院と他の医療機関との違いはどこにあるのでしょうか。病院と呼べるのは、20床以上の入院施設を保有している医療機関のことなのです。ですから、医院やクリニックなど、入院施設がない、あるいはあっても20床もない医療機関は「病院」とは呼ばないのですね。

さて、「病院」には、色々な部署、セクションがあります。そして、患者さんの症状や目的もいろいろです。看護師は、患者さんたちが医師に到達するまでの間を、取り持ったり、不安などを和らげたりという役割もになっており、またそれが必要とされています。

大きな病院になると、病棟もあって、たくさんの看護師達や医師達がそれぞれの持ち場で仕事をしています。24時間体制を保つために、シフトを組んで交代で勤務にもあたります。

そのほか、入院患者さんの生活を支える「療養の世話」、医師が診療に回る時に診療しやすく介助する「診療介助」などといった仕事があります。また看護師はチームで動くことも多いので、チーム会議も行われます。このチーム会議のことを「カンファレンス」と呼ぶことが多いようです。

そのほか、毎日の看護を記録する「看護活動の記録」もつけています。そのほか、病棟の中での活躍の場というと、手術室やICU、新生児室などという部署があります。

≪看護師関連の基礎知識≫