好条件・高待遇の看護師求人をGETするコツは?

自分の条件に合った高待遇の看護師求人を誰よりも早くGETするコツは、ズバリ複数の看護師専門求人・転職紹介サービスに「複数登録」することです。

各、転職サービスによって扱っている求人情報、非公開求人の情報が違うので、最低でも3つくらいのサービスには登録しましょう。基本的に登録は完全無料です。

1度、登録さえすれば、専門スタッフがあなたの条件にピッタリな看護師求人案件を紹介してくれるのでラクチンですよ。

当サイトでは数ある求人情報の中から、看護師さん向けの求人情報だけを厳選10社に絞って集めました!

お仕事をしたい地域や業態だけでなく、保育支援がある、寮があるなどの細かい条件から求人を探すことができます。
スキルアップできる求人情報や、キャリアアップ支援金がプレゼントされる看護師求人案件なども掲載していますので、ぜひご覧下さい。
就職活動が成功することを祈っています!


4位以下のランキングはこちらをクリック⇒

転職先選びのポイント

自分にとって少しでも有利な職場で働きたいというのは看護師ならずとも誰しもが思うところです。現在の職場に不満があるのなら、転職を視野に入れるというのも当然のことだと言えるでしょう。

ただ、漠然と転職先を探していても、本当に自分に合う職場を見つけ出すことはできません。まずは転職したい理由を明確にし、その上で「これだけは絶対に譲れない」というラインはどこなのかを具体的にピックアップしておく必要があります。

例えば、最低限必要な給料、希望する職場の場所、残業や夜勤などを含めた勤務時間、休日、働きたい科目、福利厚生、現在の自分のスキルが活かせるのか、キャリアアップはできるのかなど、特に現在の職場と比較して「ここは改善したい!」というポイントをハッキリとさせておくわけです。ただし、それら全ての希望に適う職場というのもなかなか難しいというのが実際のところなので、その中で優先順位をつけておくと良いでしょう。

実際の転職活動にあたっては、昔ながらのハローワークや求人雑誌、新聞広告などの媒体だけでは情報が不十分であるケースが少なくありません。できるだけ情報の窓口を広くしておくという意味でとても有効なのが看護師のための転職サイト。求人の豊富さや探しやすさはこれまでの媒体とは比べ物にならないため、ぜひ複数の転職サイトに登録しておくようにしてください。

なお、実際に転職活動を始めた場合には、退職するタイミングについても考慮しなければなりません。できれば1ヶ月前、少なくとも2週間前には退職する旨を現在お勤めの医療機関に報告する必要があります。スムーズに転職するためにも、その点を考慮に入れて転職先を探すようにしてください。

効率よく、おいしい看護師の求人をGETするには?

転職先を見つけるための方法としては、求人の定番のハローワーク、昔ながらの求人雑誌や新聞広告の利などが一般的です。ただ、専門性の高い看護師の転職先となると、ハローワークや求人雑誌など一般的な情報だけだと正直厳しいですよね。さらに情報入手の間口を広げたほうが良いと考えられます。

そういうときに頼りになるのがインターネットの存在。もちろんYahoo!Googleなどの検索エンジンのみで求人を探すことも不可能ではありませんが、より効率的に、しかも看護師にとっておいしい求人を探すなら看護師専門の転職サイトに登録するのが無難です。

転職サイトの中でも特に注目したいのが、非公開求人について。大手の転職サイトとなれば公開されている求人だけでもかなりの数に上りますが、特に人気の高い案件、条件の良い案件は会員以外には非公開となっているケースが少なくありません。サイトによっては半数以上を非公開としているところもありますので、ぜひ会員登録をした上で利用されることをオススメします。

サイトにもよりますが、会員になると転職までの手厚いサポートが受けられます。例えば、各医療機関の環境や雰囲気についての事前の情報提供、面接のセッティング、待遇の交渉の代行、履歴書の書き方の指導など、とりわけ独りでの転職活動で難しくなる面を強力にサポートしてくれるのは心強いと言えるでしょう。

こうした転職サイトには地域や分野によって多少の得意不得意が見られるケースがあります。また、サイトによって取り扱い求人数もかなり異なっていますので、できれば複数のサイトに登録しておいた方がよりスピーディーに転職先が見つかると考えられます。

その他、看護師の転職に関する情報

常勤で働くメリットとデメリット

ライフスタイルが多様化する昨今では、看護師の場合にも様々な働き方が存在しています。常勤(正社員)だけではなく、パートやアルバイトで働くことを視野に入れている方も少なくありません。ここではパートやアルバイトと比較した、常勤で働くメリット、デメリットを挙げてみることにしましょう。 ・・・>>詳しく読む

看護師のパートやアルバイトで働くメリットとデメリット

看護師の働き方は常勤(正社員)だけではありません。パートやアルバイトで働くことも可能です。 パート、アルバイトで働く一番のメリットは、勤務する時間に対して融通が利くということでしょう。
常勤の場合には残業や夜勤が数多くあり、拘束時間がどうしても長くなってしまいます。働くリズムもお勤めの医療機関にあわせる必要があるため、例えば ・・・>>詳しく読む

夜勤専従という働き方

ライフスタイルの多様化に伴い、看護師としての働き方も様々なバリエーションがあります。例えば、夜勤の時間帯のみ勤務する「夜勤専従」という働き方もそのうちのひとつです。 体力的に厳しいことから、多くの看護師ができることなら避けたいと考える夜勤。慢性的な看護師不足が続いている現状で、医療機関の多くが夜勤のできる人材確保に ・・・>>詳しく読む

ブランクからの看護師復職について

結婚や妊娠、出産、育児などの事情から、仕事を辞めざるを得ない看護師さんは少なくありません。看護師の免許を持ちながらも現在は働いていない「潜在看護師」は現在全国に55万人いると推定されており、そのうち復職を望んでいる方は約8割にも上ると言われています。
ただ、一旦現場を離れてしまうと ・・・>>詳しく読む